加齢・老化によるお肌のトラブル。
こんなお悩みでお困りではないですか?

目元のシワや頬のたるみ、くっきりと目立ったほうれい線など、年齢を重ねるごとに増えてくるお肌のお悩み。
加齢・老化によるお肌のトラブルでお悩みではないですか?

  • 目のまわりの
    たるみが原因で
    同世代の人より
    老けて見られる!
  • エクササイズ
    では消せない、
    ほうれい線を
    何とかしたい!
  • 頬のたるみが
    原因で
    顔が大きく
    見えてしまう…
  • オバサンには
    なりたくない!
    若々しさを保つ
    老化予防って?
  • 男性でも
    若々しくいたい…
    現役をまだ
    諦めたくない!

老けて見える原因は、
目の下のクマやたるみ・頬のたるみです!

まぶたや頬などの顔のたるみ・シワは、早い人だと20代から、一般には35歳を過ぎる頃から目立つようになると言われています。

  • 下まぶたのたるみ・クマ

    皮膚の老化や下まぶた部分の筋力の低下、脂肪の増加などにより下まぶたがたるむと老けて疲れているように見られます。

  • 頬のたるみ

    30代頃から徐々に進行する頬のたるみ。顔の輪郭がぼやけて、老けた印象になります。また、たるみにより、ほうれい線が目立つようにもなります。

専門医による無料カウンセリングをぜひご利用ください。

川崎クリニックでは実際に施術を担当する専門の医師が直接カウンセリングを行っています。これは患者様のお悩みやご希望を詳しくお聞きした上で、最適な治療法をご提案させていただくためです。また、当院では無理に手術を勧めるようなことは一切ございませんので、老化・加齢によるお肌のトラブルでお悩みの方は、お気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

  • オンライン予約
  • 無料メール相談

頬のたるみ取り

アンカーフェザーリフト(耳軟骨留め)

  • 皮膚を切らない
  • 効果は持続的
  • 老化予防効果

手軽に受けられる老化をとどめる対策・老化予防として、ヒアルロン酸などの注入術が人気ですが、
継続して治療を受けなければならなかったり、体質によってはアレルギー反応を起こす可能性があります。
そこで、注目を集めているのが、メスを使わないのに“半永久的”なリフトアップ効果が期待できるという『アンカーフェザーリフト』です。
従来のフェザーリフトは時間の経過と共に引き上げ効果が弱くなるのが欠点でしたが、
『アンカーフェザーリフト』は、耳軟骨にしっかりと糸を固定することで、持続的にリフトアップさせます。
しかも、糸には自己コラーゲンの生成を促す働きがあり、半年から1年でハリと小ジワの改善を実感!
また、早期(シワ・たるみの増加前)に糸を入れることで下がろうとする皮膚をくい止め、将来的なたるみ対策となり、
数年後には同世代と顏の状態に大きな差がつくので、30〜80代と広い層の方に支持を得ています。

アンカーフェザーリフト
(耳軟骨留め)
1本:100,000円(税別)
8本以上: 1本あたり 90,000円(税別)

※自由診療の為、公的医療保険は適用されません。治療費・治療内容等、詳しくはクリニックまでお問い合わせ下さい。

川崎クリニックの
アンカーフェザーリフトは
ココがすごい!

  • 本格的なたるみ取り手術(フェイスリフト)に近い引き上げ効果があります。
  • 耳軟骨に糸をしっかり固定する方法なので効果が持続します。
  • 32年の実績と経験の医師だからこそ効果の高い耳軟骨留めができます。
  • 万一、術後1年以内に不具合が生じた場合は入れ替えを無料保障します。

他院でリフトアップ治療を受けたものの、効果がなくなった…

他院で受けた糸によるリフトアップの修正手術

「他院でリフトアップ治療を受けたものの、効果がなくなった…」という声をよく聞きます。
糸によるリフトアップには溶ける糸・溶けない糸など、クリニックによって使用する糸はさまざまです。
いずれの場合でも、糸を入れたことによりコラーゲンが増殖し一時的にリフトアップ効果を感じますが、
時間の経過とともに、引き上げ効果がなくなったと不満を持たれる方が多いようです。
この原因は糸を固定していないことや、糸が溶けてしまうことで、コラーゲンの増殖力が低下し、結果的に重力に負けてしまうからです。
当院のアンカーフェザーリフトなら、溶けない糸を使用して耳軟骨に固定、頬を半永久的に支えながら皮膚組織に作用し続けて、
コラーゲンの生成の手助けをするので、さらにリフトアップ効果が持続します。

下まぶたのクマ・たるみ取り(眼窩脱脂)

加齢による眠そうな目元の原因を除去して、根本的にスッキリ改善

  • 皮膚を切らない
  • 通院は不要
  • 32年の実績と経験

目の下のクマ・たるみは表情をどんよりと曇らせ、疲れた印象を与えがちです。
目の下のクマを改善するのは難しく、一昔前までは目の下のクマは治療はできないとされていました。
現在でもクリニックによっては治療を断られるケースが多いようです。
また、治療を行っているクリニックでは、注入法による治療が一般的なのですが、この注入法では持続性がなかったり、
目の下を膨らませることで手術前の状態よりも余計にクマが目立つなど、あまり改善されなかったという声を多く聞きます。
川崎クリニックで行っている「下まぶたのクマ・たるみ取り」は、クマ・たるみの原因である余分な脂肪を除去し、根本的に改善します。
目の下には3個の脂肪(眼窩脂肪)の袋があり、これまでの症例や経験値に基づいて、どこからどれだけの量の脂肪を取るかを判断します。
目の下の膨らみの改善具合を確認しながら、少しづつ的確に余分な脂肪を取り除くため、とても自然で美しく仕上がります。
また、治療は下まぶたの内側から行うため傷跡の心配がなく、当日から洗顔・お化粧をすることも可能です。
過去に他院で注入法による下まぶたのクマ・たるみ取りを受けられて、
目の下を膨らましすぎてかえってクマが強くなったというお悩みを持つ方の修正治療も可能です。

下まぶたのクマ・たるみ取り(眼窩脱脂)
両目 300,000円(税別)

※自由診療の為、公的医療保険は適用されません。治療費・治療内容等、詳しくはクリニックまでお問い合わせ下さい。

バッカルファット除去(口腔内脂肪除去)

ブルドック顔を解消して、憧れの小顔を手に入れる

  • 傷跡が目立たない
  • 効果は持続的
  • 老化予防効果

バッカルファットとは、頬の深い部分にある口腔内脂肪のことです。
加齢によってバッカルファットが下垂すると、ほうれい線やマリオネットライン、ブルドックのような頬のたるみの原因になります。
このバッカルファットを除去することで、ほうれい線やマリオネットライン、頬のたるみの改善・予防ができます。
バッカルファットを除去は、口の内側をほんの少し切開して、そこからバッカルファットを取り出して除去します。
手術にかかる時間は約30分程度で、切開部は溶ける糸を使って縫合するので抜糸の必要はありません。
傷跡は口の中からの施術のため、頬の表面に傷跡は残らず、また、口の中の傷跡もほとんど目立たなくなります。
ほうれい線やマリオネットライン、頬のたるみがひどくなる前にバッカルファットを除去しておくと、
将来ブルドッグ顔になったり、頬のたるみで顔が下膨れて、顔が大きく見えてしまうこともありませんので、
老化をとどめる対策・老化予防としても効果があります。

バッカルファット除去
両頬 450,000円(税別)

※自由診療の為、公的医療保険は適用されません。治療費・治療内容等、詳しくはクリニックまでお問い合わせ下さい。

注入式しわ取り

ヒアルロン酸、サブQヒアルロン酸、レディエッセ、バイオアルカミド等

  • 皮膚を切らない
  • 手軽で簡単
  • 安価
  • 効果は約1〜3年

ヒアルロン酸、サブQヒアルロン酸、レディエッセなどの注入剤を注射器で注入することで、
肌をふっくらさせ、シワやたるみを改善できます。
メスを使わないので、手軽で簡単です。手術に踏み切れない方や試しに行ってみたい方にもおすすめです。
施術の方法は、注入剤をシワやくぼみに極細の注射器で注入するだけ。
痛みや腫れはほとんどなく、いずれも施術時間は数分程度です。

サブQヒアルロン酸注入
0.1cc: 10,000円(税別)
  1cc: 80,000円(税別)
レディエッセ注入
1本(1.5㏄): 100,000円(税別)
バイオアルカミド注入
1本(1㏄)  :150,000円(税別)

※自由診療の為、公的医療保険は適用されません。治療費・治療内容等、詳しくはクリニックまでお問い合わせ下さい。

  • オンライン予約
  • 無料メール相談
川崎クリニック院長写真

川崎クリニック院長 髙牟禮 彰(医学博士)

院長は美容外科歴32年の医師としての実績と経験を持つドクター

  • 医学博士
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容外科学会専門医師制度による認定専門医
  • 日本美容外科医師会優良認定医
  • 日本美容外科医師会認定適正医療機関医
  • 国際美容外科医員
  • 日本抗加齢医学会会員
  • 中国医療整形美容協会栄誉会員
  1. 1956年3月熊本生まれ
  2. 熊本県立鹿本高校から1984年国立大分医科大学卒業
  3. 渋谷整形外科で故皆川次郎院長に師事
  4. 美容外科手術基本手技全般を習得
  5. 有名美容外科院長を経る
  6. 1990年川崎クリニック開業
  7. 現在、川崎クリニック院長
  8. ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューポートビーチ、サンジエゴなどの美容形成外科病院にて研修経験
  9. 日本美容外科シンポジウム、日本美容外科シンポジストとして、日本美容外科学会で6回の発表経験
  10. 国際美容外科学会(アメリカ美容外科学会)にても発表経験
  11. その他、症例発表多数